塗装工事の流れ

  • HOME
  • 塗装工事の流れ
 塗装工事をスムーズにする為に足場を組みます
塗装工事をスムーズにする為に足場を組みます

足場の骨組みを組み終わった後は、周囲にペンキが飛び散らない様に飛散防止ネットで足場を覆います。

ホームペイントのこだわりポイント

ペンキ飛散防止ネットでは、ほこりやコンクリートの小さな破片などは防ぐ事は出来ません。したがって近隣者の方にご迷惑を掛ける場合が御座います。当店は近隣者の方にご迷惑にならない様に内側からビニール養生シートで強化し注意しながら作業します。又周囲に車などが停車している場合もビニールシートを被せて汚れない様にいたします。

塗装工事をスムーズにする為に足場を組みます

周囲に車がある場合はほこりが付かない様しっかりと養生いたします。

 建物全体を打診調査していきます。

打診調査は大きなポイントのひとつと考えています。細かなひび割れや、モルタル浮き部を見逃してしまうと、どんなにいい塗料を塗ったとしても、下地が悪ければ短い期間で必ず再び再劣化につながります。きちんと時間を掛けて調査いたします。

ひび割れチェック
ひび割れチェック
壁コンクリート爆裂チェック
壁コンクリート爆裂チェック
錆び止め塗装箇所のチェック
錆び止め塗装箇所のチェック
換気口のチェック
換気口のチェック
笠木コンクリートチェック
笠木コンクリートチェック
軒下コンクリートチェック
軒下コンクリートチェック
 下地補修前の準備
●格子の取り外し

●格子の取り外し

格子や雨戸などは塗装や補修の障害物になりますので最初に取り外します。
再度取り付けの際、ビス類は新品を使用します。

●鉄類の錆び止め塗装

●鉄類の錆び止め塗装

鉄製のパイプバンドや鉄骨手摺り、換気口フードなど、必要な鉄類は全て錆び止め塗装処理します。
工程:錆磨き ▶︎ 錆び止め塗装 ▶︎ 仕上げ塗料塗装

注意点

錆び止めに使用する塗料は必ず油性材を使用します。水性の錆び止め材だと鉄には密着しずらく、剥がれの原因になります。

●腐食の激しいパイプバンドは新品に取り替え

●腐食の激しいパイプバンドは新品に取り替え

●窓回りのコーキング打替え
●窓回りのコーキング打替え

●窓回りのコーキング打替え

雨漏りの中でも特に多いのが窓廻りです。窓廻りに打設されたコーキングは年数がたつと硬くなり割れてきます。その割れ目 から雨が入り雨漏りするケースが多いです。
ホームペイントでは一度古くなったコーキングを剥ぎ取り再度新品のコーキング材を打設します。

注意点

古くなったコーキングを剥ぎ取らず、その上からコーキングを打設しても中が割れているので再劣化するのも時間の問題です。少しの手間も惜しまず、窓廻りから建物を補強するのも私達塗装屋の仕事です。

●不要な鉄類の撤去

●不要な鉄類の撤去

不要な鉄類を残していても錆汁の原因になるだけです。家主様と相談しながら、不要な鉄類は撤去致します。

 高圧洗浄工事

外壁全体から屋上全体、ベランダ、土間、ブロック塀など全て高圧洗浄で下地の汚れ、ほこり、カビを落とします。

●高圧洗浄

●高圧洗浄

左側が洗浄前、右側が洗浄後の比較です。

左側が洗浄前、右側が洗浄後の比較です。

 下地コンクリート補修工事

ひび割れ・コンクリートの爆裂等を補修していきます。
下地補修は当店が最も時間を掛けている塗装工事の中でも最も大切な作業です。

●ひび割れ補修

●ひび割れ補修

ひび割れの上からペンキを塗ってもひび割れから雨水が入り直に劣化してしまいます。
小さなひび割れも見逃さず補修します。

エポキシ樹脂Vカット工法
ファイバーメッシュ補強工法

詳しくはこちら

●コンクリート爆裂補修工事

●コンクリート爆裂補修工事

コンクリートの爆裂を放置してると、事故の原因や雨漏りの原因になります。コンクリートの爆裂を補修し耐久力のあるお家に仕上げていきます。

詳しくはこちら

●型枠工事

●型枠工事

お家の基盤となっている部分特にハリや柱等は型枠を組み頑丈になるように補修します。他にも出窓や、ひさし等と言った型枠が必要な部分には型枠補修をします。

詳しくはこちら

 下地コンクリート補修工事

ペンキを塗る際、ドアや窓、土間等が汚れない様に必要な箇所は全てビニール養生していきます。

下地コンクリート補修工事

ポイント

玄関ドアや、ベランダの窓、お風呂場の窓など、日常で使用する窓等は開け閉めが出来る様に工夫して養生致します。
塗装中もお客様に不便をかけないよう努力しますのでご安心下さい。

下地コンクリート補修工事
下地コンクリート補修工事

周囲の車への配慮も忘れず養生を行います。

 外壁塗装

外壁全体に満遍なく接着材(業界用語▶︎シーラー)を塗装します。
補修した部分に模様を吹き付け塗装します。
吹き付け完了後、ペンキを中塗り・上塗りと塗り重ねていき強靭な塗膜で外壁を保護します。
鉄部には錆び止め塗装処理をし、木部には防虫防腐材を塗装致します。

1.接着材塗装

1.接着材塗装

仕上げの塗料の密着性を高めるため、たっぷりと接着材を染みこませながら塗っていきます。

2.模様吹き付け塗装

2.模様吹き付け塗装

ポイント

外壁に塗られてる模様には防水効果が含まれております。また防水効果だけでは無く、補修跡を目立たなくする為の美観効果も含まれており、塗装の中でも重要な工程になります。
耐久力だけでは無く見た目もこだわるのがホームペイントです!

2.模様吹き付け塗装
3.中塗り塗装

3.中塗り塗装

外壁塗装はただペンキを1回塗って終わりでは無く、強靭な塗膜を作る為に、中塗り、上塗りとペンキを塗り重ねていきます。
◀︎写真では分かりやすくする為 中塗りと上塗りの色を変えております。通常は同じ色を塗り重ねます。

4.上塗り塗装

4.上塗り塗装

仕上げの塗装をして完了です。

仕上がりイメージ

仕上がりイメージ

鉄類錆び止め塗装工事

鉄類錆び止め塗装工事
鉄類錆び止め塗装工事
鉄類錆び止め塗装工事

鉄手摺りや換気口フード等、鉄類は錆び磨き後錆び止め塗装し、仕上げのペンキで塗装処理します。

木部塗装工事

木部塗装工事
 掃除
掃除

足場解体後、窓ふきや、ホコリ・ゴミ取り、全体的に掃除して塗装工事完了です。

工事完了

工事完了後、家主様と建物の点検をして不備が無ければ請求書を発行して支払いになります。ホームペイントはお客様の信用を第一に考え前払いは一切御座いませんのでご安心下さい!支払いの確認が出来しだい工事メンテナンス保証書を発行して完了です。

保証書の発行
保証書の発行
請求書の発行
請求書の発行

他店とはここが違う!
ホームペイントのサービス!

塗装が上手いのは当たり前!塗装以外でもお客様に満足して貰うため、
様々なサービスをご用意しております。

換気口フードの取り替え

Before
Before
After
After

いらなくたった物置の解体

Before
Before
After
After

他にも産業廃棄物や家具等の処分、網戸張り替えのサービス等様々なご要望にお応え致します。

産業廃棄物処理
産業廃棄物処理
網戸の張り替え
網戸の張り替え

お電話でのお問い合わせはこちらから

tel 098-917-1844

フォームでのお問い合わせはこちらから

mailMailでのお問い合わせlineLINEでのお問い合わせ