ひび割れ補修

  • HOME
  • ひび割れ補修
Vカットシール材充填(エポキシ樹脂補修)

浸透型注入補修材(コニシ209エポキシ樹脂)を使用します。

Vカット処理

0.2mm以上のひび割れは、雨漏りの危険性があると言われています。
その場合はグライダーで、幅1cm、奥行き5mm~1cm程度にVカット処理します。その他、ヘアークラック(小さなひび割れ)は、表面被覆処理を行います。

エポキシ樹脂注入

ホコリをブロアーや刷毛等で飛ばし、ひび割れ部分に強度の強いエポキシ樹脂(補修材)を注入していきます。

塗膜除去

仕上げの左官前に凸凹をなくすため、ひび割れ補修部分の廻りの模様を削り取ります。(仕上げりを廻りの壁とフラットにする作業です)

ひび割れクロス補強

ひび割れは補修後も再び同じ個所から割れる可能性があります。
少しでも軽減するために、ファイバーテープを張り付け、強度を持たせます。
当社で考えた独自の工法です。

表面仕上げ処理

エポキシ樹脂注入後、表面を平らに仕上げるために、ポリマーセメントにて左官処理します。

ひび割れ補修完了

見た目にこだわる為に、左官処理部分を研磨し、平にしていきます。
そうすることで、より補修跡が目立たなくなります。

ひび割れ補修施工例はこちら
Before
Before
After
After
Before
Before
After
After
Before
Before
After
After
Before
Before
After
After
Before
補修中
After
カテゴリ別施工例

お電話でのお問い合わせはこちらから

tel 098-917-1844

フォームでのお問い合わせはこちらから

mailMailでのお問い合わせlineLINEでのお問い合わせ