笠木爆裂補修

  • HOME
  • 笠木爆裂補修
笠木モルタル撤去

モルタルの浮きをそのまま塗装してしまうと、将来的にモルタル落下に繋がり兼ねません。
笠木を点検し、浮き部は撤去します。
小さな浮きは、ステンレスビスで固定します。

型枠処理・ビス止め

ボンド塗布後、型枠を製作します。
仕上がりを左右する型枠もきれいに処理します。
また、落下の危険性を解消するためにステンレスビスも打ち込みます。

ポリマーセメントモルタル打設・コテ処理

ポリマーセメントで修復処理を行います。
埋戻しのポイントは、モルタルと一緒に空気をあまり入れないことです。
空気をたくさん吸収すると、中の空気が熱膨張をおこし、モルタルの剥離につながります。

型枠撤去、完了

型枠撤去後、仕上げ左官処理 完了。

型枠撤去後、完了

完了

笠木爆裂補修施工例はこちら
Before
Before
After
After
カテゴリ別施工例

お電話でのお問い合わせはこちらから

tel 098-917-1844

フォームでのお問い合わせはこちらから

mailMailでのお問い合わせlineLINEでのお問い合わせ