コンクリ流し込み工法

  • HOME
  • コンクリ流し込み工法
爆裂部分斫り・鉄筋補強・下処理

斫り作業後、鉄筋が腐食してる場合は鉄筋を新設いたします。
鉄筋に錆び止め補強し、下処理していきます。

部分型枠処理・生コン打設

下地処理を行った後に型枠処理を行います。
コンクリート打設後圧力や重さに耐えられるようにしっかり補強材を組み、
コンクリート打設します。
この状態で3日程度養生します。

型枠撤去・仕上げ左官処理

3日程度養生後、型枠を撤去し、既存コンクリートと新設部分のコンクリートのジョイント部分を無くすため、薄塗り左官をして完了です。

流し込み
Before
Before
After
After
Before
補修中
After
カテゴリ別施工例

お電話でのお問い合わせはこちらから

tel 098-917-1844

フォームでのお問い合わせはこちらから

mailMailでのお問い合わせlineLINEでのお問い合わせ